人を乗せるドライバーの仕事に必要な資格

タクシードライバーに求められる資格

一口に運転をメインとするドライバーの仕事と言っても、荷物や人など運ぶものによって必要な資格が異なります。
人を乗せて運転をする場合に欠かすことのできないものが二種と呼ばれる種類の免許です。この二種は乗車させる人数や車の大きさでいくつかの種類に分かれています。
人を送るドライバーの仕事で比較的多くの人にイメージされるのがタクシードライバーです。実際に利用したことの無い人でも、街で走っている姿や駅前で客待ちの停車している所を見かけたことがあるかもしれません。
このタクシードライバーに必要となるのが普通自動車二種です。二種といっても取得はそれほど難しいものではなく、普通自動車免許を取得して日常的に車を運転している人であれば比較的容易に取ることができます。

バスの運転手の資格と注意点

タクシーと並んで日常生活で欠かすことのできない移動手段として挙げられるのがバスです。
バスの運転に必要となる資格は大型二種免許になります。前述したタクシーが普通乗用車なのに対して、一度に大勢の人間を乗せるバスは大型車両に分類されるので大型を取らなくてはいけません。ここで気を付けなくてはいけないのが免許を取る手順です。取得を目指している人の中には、いきなりこの大型二種を目指せると思い違いをしているケースもあります。しかし、この免許は普通自動車免許を保持していることが最低条件です。そのため、例えバス以外の車を運転する予定が無くても、普通自動車から大型二種という行程を踏まなくてはいけません。

一口にバスと言っても、路線バスから旅行者を乗せて様々な観光地や宿泊施設の送迎をする観光バスまでいくつかの種類がありますが、必要な免許は全て同じです。

ドライバーの募集はネット上の求人サイトで探すことができます。勤務地など希望条件を入れるだけで検索が可能です。