人を乗せるドライバーの仕事の種類

バスの運転手になるには

人を乗せるドライバーの仕事には、バスの運転手があります。バスの運転免許を取得すればバスの運転手として活躍する事が可能です。しかし、バスの運転手になるには、大型二種免許を取得する必要があり、基本的に教習所で取得するか、バス会社の養成制度を利用して取得するかのどちらかがメインとなっています。大型二種免許を取得するためには条件があり、満21歳以上で普通免許か準中型免許、大型免許さらに大型特殊免許のどれかを取得していることが必要です。 さらに、運転経歴が通算して3年以上という条件もクリアしなければいけないので、まずは条件をクリアしていくように準備します。人をたくさん乗せる事もあるので、それだけ高い運転技術が必要だという事ですね。

タクシーの運転手になるには

人を乗せるドライバーの仕事には、タクシーの運転手もあります。タクシーの運転手になるには、普通第二種免許を取得する必要があり、免許を取得するための条件が満21歳以上で第一種免許を取得してから3年経過している事が条件です。当然、視力検査もありますがコンタクトやメガネを着用しても良いので、視力が悪い人は、念のためコンタクトレンズかメガネを準備します。二種免許は、学科試験と技能試験があり、さらに講習を受ける必要があるので無事に試験が受かるように準備していく事が大事です。 普通第二種免許を取得するためには車の運転に慣れている事が大事なので、普通自動車免許などを取得したら出来る限り運転技術を上げておく事が重要です。そうすれば、第二種免許を取得しやすくなります。

運転手の求人は免許所持者なら誰でも応募することはできますが、雇用主側は事故歴が無い人を優先するのが一般的です。多少は運転が下手でも事故を起こさないことが社会的な信用の向上に繋がるためです。