物を載せるドライバーの仕事に必要な資格

基本的な普通自動車免許は必須

ドライバーの求人と言っても、業務が運転だけではない職種がありますよね。例えば運送業では、運ぶ物資を車に詰め込む作業も求められるため、比較的体力が必要な仕事でもあります。その運送業に携わるためには運転免許が必須ですが、扱う車両によっては必要な資格も異なります。まずは普通自動車免許ですが、この免許でも2トントラックの運転が可能なため、運送業に就くことはできます。ただし、免許を取得した日によっては乗車できるトラックの種類に限りがありますので注意が必要です。ですが、物資の運搬や配達など、巷で見かける運送業で使用しているトラックはほぼこの大きさですので、普通自動車免許を取得していれば問題無いとも言えます。

自分にとって有利な免許を取得しよう!

そして、中型自動車運転免許は4トントラックの運転が可能です。こちらの免許を取得しておくと長距離の運送ができるようになるので、仕事の幅も広がり給与のアップにも繋がります。家具などの重くて大きい物を運ぶ、引っ越しの荷物の運搬をすることも多いです。大型自動車運転免許はさらに重さのある物資を運ぶことに適しており、ダンプカーやタンクローリーに乗ることも可能です。他に取得しておくと便利なのはフォークリフトの免許で、講習を受けるだけで取得することができるものと、講習の受講と試験の合格が必要なものがあり最大積載荷重によって異なります。この免許があれば、コンテナや倉庫内からトラックへの物資の運搬が楽に行えるので便利です。

仕事探しはインターネットの求人情報サイトがとても便利です。その中でも運送業の求人を調べたいなら、専門のサイトを利用してみましょう。